医療法人社団愛語会 要町病院

センターの活動

活動写真

最近の検診の普及と啓蒙で、がんは早期(初期)に発見されるようになりました。精密検査が必要になられた患者さんのために、初診日にすぐ内視鏡検査ができる体制を取っています。その場合、肝炎ウイルスのチェックのために血液検査も行います。

その中で、内視鏡で切除でき、完全治療できた患者さんが増えています。特に、大腸はポリープ状になっているものが多く、一部にがんが混在していることがありますので、内視鏡切除と言えども慎重にしなくてはなりません。それは胃がんでも言えることです。病巣が見つかっても内視鏡切除では無理と判断したら、別の治療方針を考えるべきであり、直腸であれば経肛門的切除や、開腹して縮小手術で根治切除することが大事です。

当センターでは検診から精密検査まで、さらに縮小手術から定型的、標準手術まで行っています。一番多い胃がんと大腸がんについて最近の治療方針をまとめてみました。

関連リンク